除夜の鐘が鳴る夜道を、風介とトコトコ歩いて近所の神社へ初詣に行った。

あれもこれもお願いしようと思うのだけれど、神前で手を合わせると、いつも・・・・・

お神酒をいただいて帰ろうとすると、「ぜんざいが在りますよ!」と呼び止められた。

「開運ぜんざいですよ!」の声に、「頂きます!」と即答。

耕介風介、お腹の中からポカポカと温まった。

留守番してた猫のティルクは、なんだか機嫌が悪い。

250101_1

鏡餅のみかんを叩き落としたり、用済みのカレンダーの上に乗って動かなかったり。

あ!そうか!

留守番の後のおやつ!

おやつか?と訊くと耳がぴくっと動いてじっと見つめてくる。

おやつを食べたティルクは、満足してコタツに入っていった。

広告